So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

RIMOWAのスーツケース [鞄]

先ほど、珍しく家の電話が鳴った[電話]と思ったら、史上最悪のサービスと言われる電話会社のTelkomからの自動電話でした。

内容はというと、48時間以内に電話代を払わないと、電話を止めます。復活するにはお金がかかります。はー?[ちっ(怒った顔)]まだINVOICEが来ていないですけどー?なんて言っても相手は機械なので答えません。
早速、オンラインでいくらなのかを確認しようと、online billに登録して確認しました。すると、新しいINVOOICEは無い。。。過去の支払いは見える。

なんじゃこれ?と思って、Telkomに電話すると、今登録したなら、新しいINVOICEは、48時間以内に登録するので待てとのこと。えー?過去のは見えても新しいINVOICEは何で無いの?リアルタイムで登録してないの?はーそれまでに切られたらどうすんじゃ?というと、Telkomショップで払え。とのこと。あー話にならん。[ちっ(怒った顔)]

頭に来たので、いつも払っているインターネットバンキングでとりあえず1000ランド払いました。日曜日か月曜日の更新が止まっていたら、Telkomに止められたと思ってください。さーどうなるか?アーそれにしてもあいかわらずTelkomは最悪ですね。[パンチ]

さて、今日のタイトルですが、TUMIの鞄が使いやすいので愛用しておりますが、大きなスーツケースとなると、TUMIは重くて、ジッパー式なので少し心配です。そこで銀色のジュラルミンでできているRIMOWAのスーツケースです。エコノミークラスも使う私には、少しでも20kgの限度を有効に使える軽いスーツケースが必需品です。(もっと安いやつでいいじゃんと責められることに対する、RIMOWAを買う言い訳にしか聞こえませんが、、、しかもエコノミークラスにRIMOWAかよ、、、)銀色のデザインも大好きです。[手(チョキ)]

RIMOWA1.JPG

これも、イギリスに住んでいる時に、ドイツではRIMOAは激安らしい。というので、マイルを使ってドイツのデュッセルドルフにこれを買うためだけに日帰りで飛びました。[飛行機]当時デュセルドルフに赴任していたお友達にアテンドしてもらって、スポバックというお店に行きました。確かに安い、日本で15万円はするシルバーインテグラルの一番大きいのが、5万円くらいでした。当時、ユーロが導入されたばかりの時で、まだドイツマルク、ユーロどちらでも使えましたが、ユーロは100円くらい、マルクもたしか60円くらいだったような気がします。ということで当然購入してそれ以来8年くらいでしょうか、日本出張の往復に大活躍です。特に、軽くてかさばる物には最適。重くて小さなものはRIMOWAに入れてはいけません。たくさん入るからと40kg入れると、完璧に破損します。入れても25kgだと思います。それでもフライトの度に凹み方が半端じゃないんですよね。本当毎回いつ壊れるかひやひやです。現在のへこみ方はこんな感じです。
鋭利なものもあたって穴が開く寸前。
RIMOWA2.JPG

RIMOWA3.JPG


それでも、8年使っているわりには、綺麗なほうですねとチェックインカウンターのお姉さんに言われました。

しかしここのHPの方の使い方は凄いです。

こういう大きいスーツケースは、海外赴任者には必需品でして、なぜかというと、出張の時に日本で大量に食料品等を調達してくるからなんです。日本に住んでて、海外に出張するときは、こんな大きなスーツケースなんて絶対携帯しません。
心配事は、TUMIと違って、RIMOWAの修理は、正規品を日本で買ったものではないと日本では大変なようです。南アではRIMOWAなんてめったに見ないし、TUMIのような直営店なんて無いし。どうしよう壊れたら。
では良い週末を。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。